子供と大人の矯正歯科選び 歯列矯正のススメ
歯並びが悪いと

【歯列矯正】

歯並びは食事だけでなく、日常生活の様々な場面で活躍する重要な器官です。歯は食べ物を噛むだけでなく、我慢する時や全力を出す時などにおいても役割を果たすのです。歯並びが悪い場合にはどのようなデメリットがあるのか、歯並びを治すためにはどのようにすればいいのかを解説していきます。

歯列矯正 子供/大人の矯正歯科選び

一般的に「歯並び」と呼ばれる歯列を整えることは、日常生活において非常に重要な意味を持ちます。歯並びが整っていないと顎や頬の骨格が歪み頭痛などを引き起こすだけでなく、顔の造作や背骨にも影響が現れます。

歯列の重要性

「歯並びが整っている」ということは、歯が持つ咀嚼力が充分に発揮される状態であるといえます。
咀嚼力が充分に発揮されると、「食べ物を飲み込みやすくするために噛む」という作業の効率が良くなり、胃の負担が小さくなることに繋がります。
また、「歯を食いしばる」という言葉があるように歯は強い力を出す時、強く噛み締められる性質があります。
歯並びが悪いと、歯が充分に食いしばられなくなり力をスムーズに出すことが出来なくなるのです。

歯並びと外見の関係

歯並びが整っていないと、顔や姿勢などの見た目にも影響が出ます。
歯並びは噛み合わせに影響を与えます。
噛み合わせは頚椎から脊椎・腰椎までの背骨にも影響します。
歯並びが悪いと顔の左右対称性が損なわれてしまったり、猫背気味になったりといった芸剣への影響が現れます。

上へ戻る